事業者におすすめのSSL

SSLは事業者におすすめです。コストを抑えることにもつながります。 - 個人事業主におすすめのSSL

個人事業主におすすめのSSL

個人事業主でも無理なくコストを抑えて運用でき、かつ知名度も高いSSLのプロバイダに、グローバルサイン(旧日本ジオトラスト)があります。
国内では、シマンテック社に次ぐ知名度と信頼性なので、多くの企業に採用されています。
大手インターネット関連事業であるGMOグループのブランドなので、国内で信用を得るには十分だと言えるでしょう。
一番導入しやすいクイックSSLの場合なら、年間約3万円のコストで契約ができます。
他社の同等製品で比較してみても、数万円から十万円以上の差がついています。
さらに信頼性を高めるために、企業認証やEVといった種類の証明書ももちろん選べます。
実績があり、かつコストが低いという導入のしやすさが魅力なので、企業はもちろん個人事業主からも最も多く選ばれているSSL認証局です。
pouytd
最短で2分で証明書が発行されるというスピード審査も魅力の一つです。
クイック認証SSLならば、書類不要ですべてオンラインで申請が完了するのです。
企業認証SSLでも、最短即日で証明書を発行することが可能です。
このように最短発行スピードで選ぶのなら、グローバルサインが一押しです。
サーバーやSSLの初心者でも分かりやすい情報提供や、秘密鍵、CSRの作成といった作業も行わなくても問題ありません。初めてSSLを導入する場合にも安心感があるのでおすすめできます。
GMOグループのレンタルサーバーと同時に申し込むこともできます。
SSLを初めて導入するサイト運営者がまず直面するのは、その手続きの流れが分からないという問題です。
まずはSSLサーバ証明書発行の手続きの流れを頭に入れて、必要なものの準備から始めていきましょう。
SSLを取り扱っている会社への多くは、オンラインでの申し込みも可能です。
申込みフォームの送信にあたっては、審査に必要な情報の準備も必要です。
申し込みをしただけで無条件に即、暗号化技術が導入できるわけではありません。
クイック認証においても、管理者の身元証明の手続きは必須になります。

CSRという申請書を使って、証明書を発行するための審査を通過しなければ、申し込みは受け付けられないのです。
このCSRの作成に関しては初心者の多くが躓くポイントですが、各業者で詳細な手順も公開されているので、参考にしてみてください。
業者によっては、CSRの作成をしなくても最短で証明書を発行できる制度も用意されています。
書類の準備に追われることなく、すぐにでもサーバ証明書を発行したい運営者にもおすすめできます。
他にも、準備する書類としては印鑑証明書や登記簿謄本といったものがあります。
これらの書類が審査に通り受け付けられれば、いよいよサーバ証明書が発行されます。
証明書をダウンロードして、SSLの導入の対象となるウェブサイトにインストールすることで、導入手続きが完了します。SSLで情報を暗号化しますので安心してネットを使用できます。
以上が、大まかなSSL導入の流れと準備書類の説明になります。

更新情報

アーカイブ